不動産屋による家の価格査定

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

国土交通省の土地総合情報システムを利用することで土地の相場を知ることができますが、そこで分かるのは大まかな相場だけです。そのため、実際の土地価格を知るには不動産屋から査定をしてもらう必要があります。特に現在の土地の売却を考えている方は重要なポイントでしょう。

不動産屋に査定どのような町にも複数の不動産屋が営業を行っていますが、不動産屋によって得意とするジャンルは異なっています。
住宅用地を中心に扱っている、市街地農地を得意としている、などの特徴がありますので、必ず複数の不動産屋に査定してもらうようにしましょう。
不動産屋によっては土地査定額が10%以上の差が生じることもあるのです。
最低でも3社以上の不動産屋に査定をしてもらいましょう。

また、そのほかの方法として路線価から土地価格の相場を知ることもできます。路線価とは相続税や贈与税を調べる際に使用されるものですが、土地の価格相場を知るためにも利用可能です。
路線価は国税庁が管理しており、インターネットから手軽に調べることができます。
形が悪い土地はどうしても評価が下がってしまうので注意しましょう。そのほかに、建物が建てづらい、日当たりが悪いなども評価が下がってしまいます。


○参考

家価格相場
家の価格相場の調べ方についてまとめている「家を高く売る研究」です。

土地の価格相場を知る

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家を建てる際に土地の相場は分かりづらいもの。そういった場合には国土交通省の土地総合情報システムが役立ちます。この土地総合情報システムでは実際に行われた不動産の取引価格、標準値や基準値の閲覧が可能です。これによって土地の相場が分かりますので、それぞれの使い方を説明しましょう。

データ不動産取引価格では実際に取引された価格や土地面積、形状などで検索が可能です。
このデータ数は膨大ですのでさまざまな機能を利用しましょう。
調べるデータは直近の方が正確です。
しかし、過去からどのような推移となっているのか知りたいのであれば、過去1年、過去2年までさかのぼっても良いでしょう。

そして、不動産の種類も指定してください。さらに、エリアによって土地相場は大きく変化するので、エリアを絞ることも大切です。これによって多くのデータがピックアップされますので、そこでソート機能を利用しましょう。
ソート機能とは条件によって並び順を変更する機能です。取引総額、坪単価、面積などの順番に並び替えることができます。これによって自分の希望する土地のデータが得られるでしょう。もちろん、完全に同じ条件の土地を調べることはできませんが参考になる情報でしょう。


○Relatedpost

不動産屋による家の価格査定

家の価格相場を知る

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

相場家の購入を考えている方にとって価格相場は気になってしまうもの。
もちろん、建物本体代や土地代などが発生してしまいます。
家の建築を考えている方は広告やホームページをチェックするものですが、それには建物本体代と土地代の情報だけしか書かれていません。
しかし、家を建てるにはそれ以外にも諸経費が発生するものです。
この諸経費によってローンの支払いや建物本体代にも影響を与えます。
そのため、諸経費についても知っておきましょう。

家を建てるには基礎工事、木工事、外壁工事、屋根工事、左岸工事などの工事が行われますが、材料や工法によって費用は大きく異なります。家を建てる際は誰もがこだわりを持っているため、自分の理想の家を建てるためにどれだけの費用がかかるのか確認をしましょう。
また、家の建築材料や工法を見直すことで費用を抑えることも可能です。そして、工務店とハウスメーカーによっても費用に違いがあります。そのため、どこに依頼するかも考えましょう。

また、生活をする上で電気、ガス、水道といったライフラインは欠かせません。もちろん、これらがすでに引かれていれば問題ありませんが、田舎では隣接する道路までこれらが引かれていないこともあるのです。そのため、これらの工事のために100万円以上かかることもあります。まずは見積もりを立ててもらいましょう。
そして、土地の相場は分かりづらいもの。そのため、国土交通省の土地総合情報システムがあります。その土地活用総合情報システムについても説明しましょう